MyClock

邪魔にならないデジタル時計 (アラーム機能付き)

MyClockの紹介

PCでの作業の邪魔にならずに前面表示できるデジタル時計で、アラーム機能が付いたデスクトップアプリです。邪魔にならないとユーザー自身が思えるように自由にカスタマイズできるのが特長です。

目 次

 MyClock の概要

 作成の動機

 MyClock 使用の準備

 MyClock が不要になった時

 クイックマニュアル

 時計のカスタマイズ例

 設定画面の説明

  アラーム設定画面

  MyClockについて画面 (設定とクイックマニュアル)

  カスタマイズ画面

  カタログ画面

(目次に戻る)

MyClock の概要

基本機能

デスクトップの好きな位置に時計を置きます。アクティブなキャプションバーに常に貼り付けることもできます。マウス左ボタンで時計をドラッグすれば移動できます。時計が一時的に邪魔な時はマウス右クリックでスグに最小化できます。タスクバーに最小化された時計を左ダブルクリックすれば元の位置に戻ります。

 

アラーム機能

アラーム時刻になると、時計が最大化してスクリーン全体を覆う半透明の時計になったり、サイズはそのままでスクリーンの中央に移動して点滅したり、移動せずにその場で点滅するなど、アラーム時刻にしっかりアピールします。

 

カスタマイズ機能

デジタル時計の形が長方形である以外は、ほぼ全てをカスタマイズできるのが特長!

  • 時計のサイズ
  • 不透明度
  • 背景色
  • 文字色
  • フォントの種類
  • フォントサイズ
  • 太文字斜体下線 などのフォント修飾
  • 枠のスタイル(なし/細線/3D) のカスタマイズ

に加えて、

  • アクティブなウィンドウのキャプションバーに貼り付く機能

も選択できるので、ユーザー自身の使い方や感覚で邪魔にならないと感じるようにカスタマイズできます。

邪魔にならないかどうかは、ユーザーによって千差万別。例えば、若い人は小さければ良いと思ったとしても、中高年は小さいと困ります。そこでユーザー自身で外観を自由自在にカスタマイズできます。

なおカスタマイズする際には、何か変更すればリアルタイムに時計の外観が変化します。実際に画面に表示される状態を確認しながらカスタマイズができるのも特長です。

 

カタログ機能

予めカスタマイズした外観をカタログに保存しておけば、それを選ぶだけで簡単に外観の切替えができます。

 

開発&動作環境

  • 開発環境:Visual Studio Community 2015 C# / Windows 10
  • 動作環境:Windows 7 以降 (対象フレームワーク .NET Framework 3.5)

(目次に戻る)

 

作者自身の設定例

  

キャプションバーに貼り付く設定。Windows10ではキャプションバーが意外に幅広なので、時計を敢えて小さくする必要がない。半透明度は50%、AR Pゴシック体S で 21.75ポイントに指定。

  

アラーム設定をしている時は、このように白黒反転、斜体文字にしている。

アラームが発動すると、時計が半透明のままスクリーン全体のサイズになって強烈にアピールします。

或いは、元のサイズのまま半透明度ゼロでスクリーン中央に移動して点滅してアピールすることもできます。

 (目次に戻る)

 

作成の動機

自分が必要だったから...

ノートPCを持って外出する時、チョットした時間の合間にPCで何か作業をしていてウッカリ時間を忘れて、バスや電車、待ち合わせの時間を過ぎそうになることがよくありました。

ノートPCのデスクトップを広く使いたいので、タスクバーは自動的に隠れる設定にしていることもウッカリ時間を忘れる要因でした。さらに細かい文字が見づらくなる世代には大きめの文字が助かります。

そこで、大きめの文字だけど邪魔にならなず、アラーム機能のあるデジタル時計が欲しかったので自分で作りました。各種設定画面のフォントも12ptと大きめです。中高年による中高年のためのWindowsデスクトップアプリです。

会社のPCで使う許可が得られやすいように、ポータブルアプリでソースファイルも公開しています。

機能面では作者自身の要求にはほぼ応えられていて、無いと困る常用アプリになっています。

MyClock は 初めてC#で書いた習作プログラムで、VC++でのWindows プログラミングの経験をベースにして、どうせなら自分が欲しいものを作りました。実際に C# に取り組んでみると、VC++とは別の言語と思ったほうが良さそうだと思います。C#をよりマスターするのにはそれなりに勉強が必要なようです。なお VC++経験者にはC#は移行しやすく、お勧めです。

(目次に戻る)

 

MyClock使用の準備

1. ダウンロードした配布ファイル(zipファイル)を解凍し適当なフォルダにコピーする。

配布ファイルには以下が含まれています;

MyClock.exe (本体ファイル)
Interop.IWshRuntimeLibrary.dll (スタートアップにショートカット作成するのに必要)
scClock.exe (付属アプリ - 小さな時計、別途ソース公開、以下に scClock の説明あり)
ReadMe.txt (簡単な説明と更新履歴)
[MyClock]フォルダ (C#ソースファイル)

2. MyClock.exeを実行する。

ポータブルアプリなので、外部メモリを含めた任意のフォルダから起動して使える。

不要になればフォルダごと削除するだけで良い。

「ログイン時にMyClockを起動する」オプションを選べば、スタートアップフォルダに MyClock のショートカットをコピーする。不要になった時はこのオプションを外せばショートカットが削除される。

(目次に戻る)

 

scClock (小さな時計) について

アクティブなウィンドウのキャプションバーに貼り付く小さな時計です。

scClock (小さな時計) Ver 3.01 (ソース付き)のダウンロード

MyClock に同梱されていますが単独使用可能。MyClock から [F12] キーで scClock を呼び出して使う時、MyClock がキャプションバーに貼り付く設定にしている場合は、呼び出されません。

scClock のオリジナルバージョン (Ver 2.1) は、10年以上前に ActiveBasic / Windows XP で作成して MyClock を作る前まで使っていましたが、Windows 8 以降では完全に仕様通りの動作をしないことから Visual Studio Community 2015 のC# / Windows 10 で作り直したのが 本バージョン です。C#で2つめに作ったプログラムです。

MyClock から呼び出して使うことを前提にしたので、MyClockには貼り付かないようにしています。

MyClock にカスタマイズ機能とアクティブなキャプションバーに貼り付く機能を追加した結果、MyClock をカスタマイズして scClock と同じ外観と機能を実現できるようになったので、今では scClock の必要性が希薄になっています。

(目次に戻る) 

MyClockが不要になった時

  • [ログイン時に MyClockを起動する]のチェックを外す。
  • MyClockのファイルをコピーしたフォルダをまるごと削除する。 

 (目次に戻る)

 

クイックマニュアル

・時計の終了:時計上で左ダブルクリック

・最小化:時計上で右クリック (タスクバーにアイコン表示)

・移動:マウス左ボタンでドラッグして移動

時計をアクティブ(マウスで左クリック)にした後

・[Esc]キー:アラーム設定画面

・[F12]キー:scClock (小さな時計)を起動する

・[F1]キー:MyClockについて画面(設定とクイックマニュアル)

・[F1]-[S]キー(MyCLockについて画面で[S]キー):時計のカスタマイズ画面

・[F1]-[S]-[C]キー(時計のカスタマイズ画面で [C]キー):時計のカタログ画面

・[F1]キー(MuClockについて画面) + [?]ボタン:MyClock紹介(このページ)を表示

(目次に戻る)

 

時計のカスタマイズ例

(通常の外観 - 初期設定)

(MS UI Gothic、36pt、不透明度50%、背景 Info、文字色 ControlText、枠なし)

 

 (アラーム設定時の外観 - 初期設定)

(MS UI Gothic、36pt、不透明度50%、背景 ActiveCaption、文字色 ControlText、枠なし)

 

 (通常の外観) - scClock (小さな時計) Ver 3.01 と同じ外観

(MS UI Gothic、12pt、不透明度100%、太文字、背景 White、文字色 ControlText、3D枠)

 

 (アラーム設定時の外観)

(MS UI Gothic、12pt、不透明度100%、太文字、斜体、背景 DimGray、文字色 ControlText、3D枠)

 

 (通常の外観)

(AR Pゴシック体S, 22pt、不透明度50%、背景 Snow、文字色 ControlText、枠なし)

 

 (アラーム設定時の外観)

(AR Pゴシック体S, 22pt、斜体、不透明度50%、背景 DimGray、文字色 White、枠なし)

 

 (通常の外観)

(AR Pゴシック体S, 22pt、斜体、不透明度50%、背景 HotTrack、文字色 White、枠なし)

 

こんな感じで、柔軟なカスタマイズができます。

(目次に戻る)

 

アラーム設定画面

アラーム設定画面

 00:00:00 ~ 23:59:59 のアラーム時刻を設定する

 ボタンクリックで現在の時刻がアラーム時刻に入力される

 チェックを入れるとアラームが解除される

 時計が通常サイズで前面表示の時、アラーム発動時の状態を決める

このボタンをクリックすると次の3種類の設定が順次表示される。

[▶前面]    :不透過率 1 (100%) で通常サイズの時計が点滅する

[▶最大化]   :不透過率 0.5 (半透明) で最大化サイズの時計になる

[▶前面中央]:不透過率 1 (100%) で通常サイズの時計が画面中央で点滅する

 時計が最小化されている時、アラーム発動時の状態を決める

このボタンをクリックすると次の3種類の設定が順次表示される。

[▶前面]    :不透過率 1 (100%) で通常サイズの時計が点滅する

[▶最大化]   :不透過率 0.5 (半透明) で最大化サイズの時計になる

[▶前面中央]:不透過率 1 (100%) で通常サイズの時計が画面中央で点滅する

 [OK] をクリックすると設定内容を反映して画面が閉じる。

[Enter]キーを押しても [OK]クリックと同じ動作になる。

 [Cancel] をクリックすると設定内容を反映せずに画面が閉じる

[Esc]キーを押しても [Cancel]クリックと同じ動作になる。

(目次に戻る)

 

MyClockについて画面 (設定とクイックマニュアル)


 クリックすると MyClockの紹介ページ (このページ) を表示する

 チェックすると MyClock起動時にこの画面が表示される

③ チェックすると ログイン時にMyClockを自起動する

 クリックすると時計のカスタマイズ画面が現れる。[S]がシートカットキー

 クイックマニュアル - 使い方の簡単な説明

(目次に戻る)

 

カスタマイズ画面

ここでのプロパティ設定は、リアルタイムで時計に反映される。

[貼り付く]ボタン

押すたびに[貼り付く]と[貼り付かない]が切り替わる。

[貼り付く]と表示されている時は、アクティブなウィンドウのキャプションバーに時計が貼り付く。

[通常の外観]ボタン

押すたびに[通常の外観]と[アラーム設定時の外観]が切り替わる。

それぞれのケースの時計の外観がカスタマイズできる。

外観のプロパティ

時計の外観を決める各種プロパティを設定する。

このプロパティ一覧と時計の外観はリアルタイムに連携する (時計の外観が変わればここに反映され、ここを変更すると時計の外観が変わる)。

 既存設定に戻す

初期設定に戻す。背景色の初期値は無い。

[カタログ(C)]ボタン

時計のカタログ画面を表示する。

(目次に戻る)

 

時計のカスタマイズ例

(目次に戻る)

 

カタログ画面

 

[追加]ボタン

今表示されている時計の外観をカタログに追加する。

[削除]ボタン

今表示されている時計の外観をカタログから削除する。

トラックバー(スライダ)

マウス、矢印キー、[Home]や[End]キーでトラックバーを動かすと、カタログインデックスが移動する。トラックバーを動かすと、時計の外観とプロパティがリアルタイムに変化する。

※ INDEX 0 の時、カスタマイズした外観をカタログに追加できます。

※ INDEX 1 以上は、カタログに登録されたものです。但し再度のカスタマイズや変更はできます。

カタログから外観を選択すると、時計本体と時計のカスタマイズ画面も連動して変化します。通常の外観かアラーム設定時の外観かは、時計のカスタマイズ画面で表示される通りに反映されるので、どちらの外観かを確認しながら、カタログを適用してください。

(目次に戻る)

 

時計のカタログ使用例

(目次に戻る)

最新版ダウンロード

邪魔にならないデジタル時計 (アラーム機能付き)
MyClock Ver 1.18.5.1 (ソース付き) - MyClock11851.zip 

(トップに戻る)

ライセンス

本ソフトウェアは、GPL v3 (GNU General Public License Ver.3) に準拠したオープンソース・フリーソフトウェアです。

フリーソフトと言ってもなんでもOKではなくて、使用に際してGPL V3 に則して概ね以下の3点を守って頂くことをご利用の条件としたものです。

  1. 著作権表示を保持しなければならないことと無保証であること。著作権表示の保持とは、ソースファイルを公開しているので自由に改変したり頒布することは可能ですが、著作権が表示された部分は必ずそのままにしておいてください...ということ。無保証とは、何が有っても著作者には一切の責任がないということ。
  2. 誰でも自由に複製・改変・頒布することが許可されていること。
  3. ソフトウェアやプログラムコードを利用する時は、その制作物もGPLライセンスでの配布を強制すること。GPLライセンスの縛りからは逃れられないわけです。

GPL V3 については以下をご参照ください。

※参考:GPLv3クイックガイド (英語の原文)

なお、本ソフトウェアで使用したアイコンは、FIND ICON 掲載のものを利用しています。

(トップに戻る)

inserted by FC2 system